Home > お知らせ > 有料老人ホームとは‼

有料老人ホームとは‼ 

掲載日:

【有料老人ホームとは】

目次

1.有料老人ホームの種類

2.介護付き有料老人ホームについて

3.住宅型有料老人ホームについて

4.健康型有料老人ホームについて

5.サービス付き高齢者向け住宅について

6.グループホームについて

7.シニア向け分譲マンションついて

 

1.有料老人ホームの種類

有料老人ホームの説明を行うために、少し全体的な老人ホーム・介護施設等も含めた種類・類型表を示します。

老人ホームの種類・類型

民間施設

有料老人ホーム

介護付き有料老人ホーム

住宅型有料老人ホーム

健康型有料老人ホーム

その他の施設

サービス付き高齢者向け住宅

グループホーム

公的施設

介護保険施設

特別養護老人ホーム(特養)

介護老人保健施設(老健)

介護療養型医療施設(療養病床)

福祉施設

ケアハウス

養護老人ホーム

上記の表にもあるように、有料老人ホームとは、介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームの3種類しかありません。

当センターでは、有料老人ホームのみならず、サービス付き高齢者向け住宅やグループホームの紹介もさせて頂いています。

今回は、上記の表で民間施設としている部分の説明をさせて頂きます。

 

2.介護付き有料老人ホームについて

・行政より「特定施設入居者生活介護」という指定を受けいている

・サービスが充実していることに加え、介護保険サービスが定額

24時間スタッフ常駐

・「介護専用型(要介護のみ)」「混合型(自立、要支援、要介護)」2種類

・介護や生活支援にはじまり広範なサービスを入居者の状態によって提供

・安価から高額な施設まで、施設ごとの差が大きい

・原則として「介護保険」が適応される(例外として部分的に医療保険適応)

入居一時金が高額になる場合もある

(入居一時金は、その施設を終身で入居できる権利を手に入れるための費用)

看取り可能な施設が多い

 

3.住宅型有料老人ホームについて

・自立の方や要支援・要介護の方が入居可能

介護スタッフが常駐することが必須ではない

・原則、施設内のサービスには介護保険適応できない

・介護サービスは、外部の事業者に依頼する(訪問看護、訪問介護etc

食事代も別途外部事業者との契約を要することが多い

・厚生労働省が所轄。生活支援や緊急時の対応などを常に受けれる必要があります。

 

 

4.健康型有料老人ホームについて

自立した高齢者の方が、シニアライフを楽しむための施設

・生活を満喫できるサービス施設や行事が充実している

(健康維持のためジムや温泉などに加え、バリアフリー設備etc

介護が必要になった場合、基本的に退去が必要になる

・退去時に移ることのできる施設を併設している施設もある

入居一時金や月額利用料も高額になることが多い

・全国の8,424件のうち16件のみ(平成25年度 厚生省実態調査)

・一時金が0~数千万円を超える  月額費用が15~30万円程度が多い

 

5.サービス付き高齢者向け住宅について

あくまで住宅であり、介護施設ではない

・自立の高齢者(60歳以上)から軽度の介護度の方向け

・外部の事業者のサービスを受けることができる(介護・医療保険)

・建物全体がバリアフリーで、資格を持った相談員が勤務している

特定施設と認定された施設では、介護スタッフが常駐している

一時金ではなく「敷金」として必要になる場合がある(賃貸借契約

サービスは、基本的に安否確認と生活相談を提供するに留まる

・国交省が所轄。高齢者向け住宅。

 

6.グループホームについて

認知症高齢者向けの施設(介護保険第1号被保険者)

・入居対象は要支援2から要介護5までの高齢者

・認知症の方が少人数制のユニット(最大9名)で共同生活している

・施設がある地域に住居と住民票がある高齢者が対象

・洗濯や料理などの役割を担いながら暮らしている

看護師の配置が義務つけられていない。

医療や介護の負担が大きくなると、原則として入居の継続は困難。

 

7.シニア向け分譲マンションについて

・高齢者が生活しやすいように配慮されたバリアフリー完備のマンション

・入居対象は自立して生活できる高齢者

・食事・入浴・排泄等の介護サービスはない

・介護・医療サービスが必要になった場合、外部事業者と契約する

・入居時の年齢に関する条件は、施設によって異なる

・自分の所有財産になるため、売却や相続することができる

 

今回は、簡単な説明に留まりましたが、随時追加していきたいと思っています。

 

もし、記載内容に誤り等がございましたら、メールにてご指摘・ご連絡いただければ、幸いです。

宜しくお願い致します。




↓